ホーム トロント バンクーバー ビクトリア カルガリー モントリオール その他 プログラム診断 ガイド
ホーム > 留学ワーホリ >
学校名検索

カナダのビザの失効

ビザの失効 ビザの有効期限を超えて滞在(オーバーステイ)したり、移民法に違反したことが発覚した場合、所有しているビザは失効となります。 ビザが失効にならないようにすることが大切ですが、ここでは何らかの理由でビザが失効した場合について述べます。

- 目次 -
オーバーステイ・違反行為 / 退去命令 / ビザの復元

- 学校からのお知らせ -
LINEでのカウンセリング始めました!
LINEでのカウンセリング始めました!

オーバーステイ・違反行為

ビザの有効期限を過ぎてカナダに滞在するオーバーステイは違法行為です。 そのため、ビザの有効期限がいつまでかを把握しておく必要があります。 学生ビザやワーキングホリデービザは、有効期限が明記されていますが、 パスポートにスタンプが押されているだけ観光ビザは、 基本的に入国日のみしか記述されていないので注意が必要です (有効期限の確認方法は「ビザの種類」を参照)。

観光ビザでカナダに滞在しているのに就労するなど、 移民法に違反する行為を移民局が発見した場合、手元のビザは無効となり、 下で述べる退去命令が下されます。どの退去命令になるかはその違反内容によります。


退去命令

退去命令は状況に応じて以下の3段階に分かれれます。 Departure Orderが下された場合、速やかに出国しその際、 退去証明書を得なければ一番重いDeportation Orderになりますので注意が必要です。

1.Departure Order

以下の2点が守れれば、将来の入国制限の対象にならない退去命令となります。

  1. 命令に従い直ぐに出国すること
  2. 出国の際、移民局に報告をし、退去証明書を得ること

ただし、30日以内に出国しない場合や、退去証明書を得ていない場合は、 自動的に下のDeportation Order になります。

2.Exclusion Order

入国不適切者リストに記載され、1年または2年(年数は違反内容による)のカナダに入国を禁止される退去命令です。 もし、その期間にカナダに入国する場合は、事前に入国許可書を移民局から得る必要があります。

3.Deportation Order

入国不適切者リストに記載され、永久にカナダに入国を禁止される退去命令です。 カナダに入国する場合は、事前に入国許可書を移民局から得る必要があります。


ビザの復元

オーバーステイ、就労ビザや学生ビザの条件違反などで、ビザが失効した場合、 失効から90日以内ならビザの復元申請が可能です(申請が受理される保証はありません)。

例えば、ビザの有効期限内に延長申請をしたが申請書類の不備等で返却され、 有効期限を既に過ぎてしまった場合、カナダ国内で再度申請するなら、 復元申請をしなければなりません。

ビザ復元の場合、通常の延長/切替申請と同じ申請書でほぼ同様に申請を行うが、 通常の申請書類に加えて、事前の申請が止むを得ない事情で出来なかった理由を提出する必要があります。 また、申請料金も、通常の申請料に加え、ビザ復元申請料として$200が必要となります。



学校 PICK UP !!
Epsilon Learning Centre Epsilon Learning Centre
帰国前に一度は通いたいEpsilonのカンバセーションクラス
Gateway College Gateway College
ローカルの学生が95%以上!ついに留学生の受け入れを開始!
ABCE Language School ABCE Language School
安全かつ清潔なカナダの首都オタワで英語に浸って見ませんか。
Kaplan Internationl English Kaplan Internationl English
トロントでしっかり英語を学ぶ。国際色豊かな老舗学校。
ANNE'S Language House ANNE'S Language House
留学経験者による経営、留学生の立場に立って考える少人数制の語学学校
Copyright(C) 2017 e-Maple.net All rights reserved